メッセージ 学校案内

中央大学高等学校学校長 中央大学理工学部教授 今井 桂子

中央大学高等学校学校長
中央大学理工学部教授

今井 桂子

中央大学高等学校は1928年に創立され、今年90周年を迎え、中央大学の附属校のなかで最も長い歴史を有する学校です。中央大学の学風である「質実剛健」の精神と「家族的情味」のある環境の中で、生徒一人一人が自らの適性を見出し、努力を惜しまず自主的に学習する能力を培うことによって、生きる力にあふれた健全な社会人を育むこと、また、思いやりと協調を大切にする豊かな人間性に支えられた高い知性を備え、国際的な視野に立って広く社会に寄与できる人材を育てることを目標として掲げております。

学ぶことの意味は、皆さんの可能性を伸ばし、将来の選択肢を広げ、人生を豊かなものにすることにあります。受験科目であるかどうかにかかわらず、中学校におけるすべての教科がこれからの皆さんの可能性を広げるために必要なものです。学校の勉強だけに限らず、多くのことに興味を持って積極的に取り組んでください。上手くいかないこともあるかもしれませんが、苦手なことを克服するために自ら行う工夫や努力の過程が、皆さんを成長させるのだと思います。

中央大学高等学校では、私たち教職員一同、皆さんが有意義な生活を送り、人間として大きな成長を遂げるためのお手伝いができるように力を尽くしてまいります。本校の校風に共感し、高い志を持つ皆さんにお会いできることを楽しみにしています。