卒業生からのメッセージ 進路指導

様々な方面で活躍する卒業生

中大高で学び、大学、社会へと羽ばたいていった先輩たちが、たった一度しかない高校時代になにを学び、どんなことを考えながら「いま」と「将来」を見据えていたのか。勉強のこと、部活動のこと、先生たちとのこと、そして友だちのこと…。色々な思いをそれぞれに抱えながら過ごした「あの頃」を振り返ってもらいました。

ひと言でいえば、“入ってよかった”と思える学校です

中大高を選んだ理由は家族的情味を感じたこと、そして中央大学の附属でレベルの高い教育を受けることで可能性を広げることができるのでは…と感じたからです。少人数であるために各々が活躍する場があり、責任感のある役割に就く機会も多くて、我々の責任感を熟成してくれる体制が整っていることも魅力でしたね。先生方の指導も熱心ですし、一人ひとりの挑戦を応援するような教育は素晴らしいものでした。

株式会社みずほ銀行
第61回生 平成21年3月卒業(中央大学 経済学部 経済学科卒業/台東区立上野中学校)

株式会社みずほ銀行 第61回生 平成21年3月卒業(中央大学 経済学部 経済学科卒業/台東区立上野中学校)

時流に流されず、忍耐強く、自らを磨いた3年間

自由な学校である中大高の環境を最大限に活用するためには自分を磨くことです。教育目標でもある『質実剛健』とは「時流に流されず、忍耐強く自らを磨いていくこと」。私の場合は、部活動(バレーボール部)ではキャプテンとして夢中で後輩の指導や自分たちの練習に打ち込み、区大会で優勝することができるチームにまでなりました。今は“日本企業や社会を元気にできるような仕事を!”と考え、毎日を過ごしています。

株式会社セールスフォース・ドットコム アライアンス本部
第65回生 平成25年3月卒業(中央大学 法学部 法律学科卒業/横浜市立市ヶ尾中学校)

株式会社セールスフォース・ドットコム アライアンス本部 第65回生 平成25年3月卒業(中央大学 法学部 法律学科卒業/横浜市立市ヶ尾中学校)

人のために行動するやりがい、楽しさが今の職業に

印象に残っているのは3年次の体育祭です。私は実行委員長と応援団副団長を務めたのですが、思うように進められないことや疲労からストレスを感じることがありました。そんなときに友人や先生方の『家族的情味』に救われ無事に成功させることができ、最高の思い出に! そんな学校生活を通じて人のために行動するやりがい、楽しさを感じたことが今の職業に就く理由にもなりました。中大高での3年間は、私の誇りです。

日本航空株式会社(JAL)羽田第1客室乗員部
第67回生 平成27年3月卒業(中央大学 総合政策学部卒業/千葉市立稲毛中学校)

日本航空株式会社(JAL)羽田第1客室乗員部第67回生 平成27年3月卒業(中央大学 総合政策学部卒業/千葉市立稲毛中学校)

先生に見守られることで安心感を得られた学校生活

少人数で面倒見のいい中大高は、先生に把握してもらっていると実感できて、安心して過ごせる空間でした。特にそれを感じたのは3年生の時。私は他大学を受験したのですが、特別に(受験)対策をとっていただいたことは印象に残っています。高校は中学までと違って自分の好きなことのできる初めての機会・時間です。ちょっと周りの目も気になる時期かも知れないですけれど好きなことに思い切って挑戦してみてください。

お茶の水女子大学 理学部 情報科学科
第71回生 平成31年3月卒業(横浜市立荏田南中学校)

お茶の水女子大学 理学部 情報科学科 第71回生 平成31年3月卒業(横浜市立荏田南中学校)