最新のニュース一覧

2年生対象主権者教育(Vote at CHUDAIKO!! )をおこないました。

2017年2月4日

2月4日の3・4限において、主権者教育の一環として模擬投票を実施しました。この企画は、中央大学のVote at CHUOという学生団体が、附属高校の利点を生かす形で提案し、実現したものです。この団体は、若者の投票率を上げるために、精力的に活動しており、新聞などの各種マスコミにも多くとりあげられています。本校とのつながりは、一昨年の三年生に対して実施したプログラムが最初となり、それが好評であったことから、今回は2年生全体に対して啓発活動を行うことになりました。 まずは、小ホールにおいて、3人の候補者が、投票率を上げるための政策を掲げて登壇し熱弁を奮った後、候補者同士の質疑応答を実施。質疑応答のやり取りを通して、生徒に多角的な視点を持つよう促す目的となっていました。続いて、体育館に移動し、1クラス6~7名の班に分かれて、ディスカッションを行いました。その際、Vote at CHUOのメンバーに、本校OB・OGの18名がファシリテーターとして生徒たちの話し合いに参加しました。その後、文京区からお借りした、記載台と投票箱を使用して投票しました。投票結果が発表される間、学生が考えた選挙にまつわる〇✖クイズが行われ、当選者の発表となりました。 大学生の段取りのよい、無駄のない行動、そして、わかりやすい説明に、2年生たちは大いにひきつけられ、積極的に参加していました。 これを契機に選挙への意識が高まったのではないかと思われます。