最新のニュース一覧

[女子バスケットボール]ニューイヤーカップ2日目

2017年1月9日

1月8日(日)に中央学院大学高校にて、ニューイヤーカップ2日目が行われました。

1試合目 中大高校v.s.貞静学園
     42-44(18-8、6-8、12-13、6-15)
 新人戦の時の悔しさを晴らすべく、1ピリは最初から走り続け、完全に流れを持ってきました。しかし、2ピリになってからは、シュートがことごとく外れ、とにかく我慢のピリオドになりました。OFのリズムの悪さをDFでカバーすべく、予定通りのロースコアゲームになりました。3ピリは相手エースが全くシュートを落とさなくなり、流れを持っていかれそうになったものの、積極的に1対1をしかけて、何とかしのいだピリオドになりました。4ピリも相手エースのシュートがことごとく決まり、残り時間わずかなところで逆転されてしまいました。


2試合目 正則v.s.中大高校
     39-48(15-12、12-13、5‐15、7-8)
 前の試合を少し、引きずってしまったのか、序盤から1対1を止められず連続得点を決められました。2ピリの途中まで、相手ゾーンに対しててこずりましたが、ボールを0°に落とし、カットインをすることで、リズムが生まれスペースを使って1対1が決まり、前半を終えて27:25の2点ビハインド。ハーフタイムでDF・OFの約束事の確認し、3ピリは完全に相手の得点を抑え、逆転に成功。アクシデントが起こったのは4ピリ残り2分22秒39-46の7点リードの時に、スタートの1人が足を痛めてしまい、交代。悪い流れになりそうだったのですが、交代した2年生が最初のDFでチャージングを奪い、このプレーでゲームが決まりました。

最終結果は優勝が明治学院、準優勝が中大高校となりました。
(勝ち数が同じのため、勝敗は得点÷失点で決まりました。)

やはり、バスケは3ピリからが勝負。追われる展開でリードを守ろうとしたため負け、追う展開では吹っ切れてやることを明確化したため、勝てました。この大会でチームでやり続けること、やらなければいけないことが明確になりました。また、今日の敗戦を糧にして、次のB支部大会、関東予選とつなげていきたいです。